リハビリ

REHABILITATION

リハビリコースについて

ギター演奏が原因での手の障害について、誤った考え方が浸透しています。

それは「練習方法が悪い」というものです。

皆さんが考えている練習とは、【繰り返し弾く】ことと思いますが、それは【練習行為の一部】であって、【何度も試みてもうまく行かないのは、演奏方法が悪い】からで、まずはその方法を修正するべきではないでしょうか。

【繰り返し弾く=動作のすりこみ】なので、悪い方法を繰り返すことは、うまく行かない癖をすり込んでいるようなもの
~自殺行為ではないでしょうか?

したがって、正しくは【フォーム・演奏方法が悪い】と考えましょう。
フォーム&動作法が良ければ、大量の演奏&練習を繰り返しても、障害の発症には至りません。

深刻な【ギター演奏起因のジストニア】も同様で、フォーム&動作が悪いことが原因と思われます。当校で扱ったケースの100%は、フォーム&動作&加重方法が悪く発病に至っていました。

しかし、すでに発症してしまっている場合は、正しいフォーム&動作方法を身につけることで、腱鞘炎は完治が、ジストニアは症状の軽減や治療後の再発防止が望めます。

こういった取り組み~手に障害や問題を抱えつつ「ギターを弾く」~その症状を克服する=に立ち向かうことは「一人で解消できない様々な壁」に挑むことになります。

そして、その困難を乗り越え、ギターを楽しめるようになってゆくことは、正に「ギターによるリハビリ」と呼べるものです。

ペペタス・ギター教室では、今までに「腱鞘炎」「ジストニア」「脳梗塞」「リュウマチ」などに起因する手、腕の障害や後遺症に悩む方々の「リハビリ」をサポートし、極めて劇的に良い結果を重ねてきています。

リハビリコースの理念

当校のリハビリコースの理念をお話しします。

それは、【正しいフォーム・動作方法&加重方法】をマスターすることで、症状は抑えられる。
より正確に言うと、【正しいことをマスター】することで、症状が出ていた原因因子を排斥する、ということです。
そのために、「個々の状態、症状を注意深く観察し、その人にとっての理想動作を模索する」ことに尽きると思います。

これは「個々に身体条件が異なれば、理想の動作原理は一つであっても、方法は複数ある」からで、一般にとられている「まずは最終形ありきで、それを目指そう」という方法は、ハッキリ言って「形骸化したもの」で、「レッスンプロの手抜き、不勉強」としか言いようがありません。

ぺぺタスギター教室では、多くの【改善・快癒実績】を積み重ねています。
「ギターを弾くのは、もう無理だろう」と諦めないで下さい。
必ず「あなたに合った動作」で、【正しいフォーム・動作方法&加重方法】が実現出来ますから、まずはご相談ください。

フォーム、演奏動作に関するヒント

無理なフォームとは「捻じれ(ねじれ)」につきます。

人間の関節は「捻じれに弱い」ですが「どこかを捻じらないと、ギター演奏のフォームはできない」ので、それをいかに合理的に作るか?にかかっています。

大体、「上体を真っ直ぐに、胸を張って」と強弁するクラシック・ギター教師もいまだに多いようですが、左右で違う動作をするスペシャリストが、なぜ左右対称を軸とする「真っ直ぐ」にする必要があるのでしょうか?

「トラック競技者は、反時計回りに速度を争うので、左右の筋肉や大きさが違う」のは常識で、一部、不見識なトレーナーや治療者が「左右対称」を標榜し、その間違った論理で、担当するアスリートの選手生命を危険にさらした例も多く報告されていますね。

演奏動作の理想があったとすると、それを実現する形は複数あるはずで、どんな形でもよいのですが、問題は「その方法を信用できるかどうか?」につきます。

私、ペぺ田代は、師匠「ペぺ・ロメロさん」を知り、師事するようになって「今まで知っていることをすべて忘れよう。そして、この人の方法を心から信じよう」と決断できました。それは、「その方法が、数十年にわたり世界の最高峰に君臨し続ける実績を残している」からでした。

これは重要です。「その方法が機能し実現して、成功していることが証明されている」ことは。

そして、その結果、その後のペぺ田代のギターライフは、本当に素晴らしいものになりました。

リハビリに取り組むコツは・・・

リハビリコースを大量にこなしてきた経験から、「取り組みのコツ」をご紹介いたします。

  • ・優れた(正しい)教師を選ぶこと
  • ・教師を100%信頼すること
  • ・治りたい、という思いをあきらめないこと
  • ・出来ないことを悔しいと思わないこと
  • ・自分の年齢や過去のキャリアを忘れること
  • ・結果が出る速度を欲張らないこと
  • ・自分勝手に判断しないこと

適応コース

リハビリコースの料金は、マスターコースと同じです。

リハビリコースの体験入学は有料です

リハビリコースの体験入学は、拘束時間を多くとる(存分に得心するまで話し合う為)必要があり、特別なのです。

なので、体験入学は3000円+消費税とさせていただきますが、入学を希望した場合、その分(3000円+消費税)を入会金より値引きいたしますので、入学した場合は、事実上、無料体験入学ということになります。

お問い合わせは

以上、リハビリコースについてご説明してきましたが、如何でしょうか?

症状に苦しむ皆様の、少しでも参考になれば幸いです。

ペペタス・ギター教室は「ギターが人に出来ること」を常に考え、実践しております。

その中で「ギターを使ってリハビリの一助を求めよう」という実践は、【ギターが与えてくれること】の優れた側面であると思うし、ギター教師はそれを広く流布する役目があると思います。

ですから、ぺぺタスのギターレッスンが、悩みを持つ皆様の希望になるよう願ってやみません。

どうぞお気軽にご相談下さい。

まずはお電話にて体験入学をお申し込みください。
東京教室代表電話番号03-3371-6681へお願いします。

その際「リハビリコースの問い合わせ」であることをお伝え下さい。
体験入学時に、ペペ田代がじっくりと、症状やご希望をうかがいます。

「スカイプ」によるテレビ電話・オンラインレッスンも可能なので、遠方の方も気軽にご相談ください。

生徒さんの声

10分しか弾けなかったギターが今は1時間弾けるようになりました

エレキギターを始めてから何度も挫折を繰り返して来ました。

30歳になり、また始めたいと思いチャレンジしましたが、仕事でのCADの使い過ぎと、間違ったフォームやピッキングを繰り返する事で、両腕が腱鞘炎になり一時期は物も握れないくらい悪化してしまいました。

もっと見る
腱鞘炎が弾き方の改善で解消!

学生の時に習って以来、子育てなどで中断していたクラシックギターを、去年の夏に久しぶりに再開させました。しかし、突然再開させたからか、秋頃から左手小指が軽い腱鞘炎になってしまいました。

もっと見る

無料体験レッスン受付中

03-3371-6681

お気軽にお問い合わせください