ニュース

NEWS

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
いつもぺぺタスとペペ田代にご高配を賜り、誠にありがとうございます。
コロナの感染激増で、大変な年越しとなってしまいました。

1都3県には再度の緊急事態宣言発出も確実となり、予想されたとはいえ、大変な状況です。

医療関係の皆様には心からの感謝を申し上げます。

経済も多くの分野で大打撃が続き、身近でも、失業や倒産、業績不振などが散見され、大変に不安な情勢になっていますし、その影響を極端に受けない皆様も、マインドの冷え込みを感じていることと思います。
リーマンショックの2008年と、その余波で経済が大打撃を受けた2009年。
両年共、数日間ですが、私は師匠ぺぺロメロさん宅にて、共に過ごしました。
その折のこと。
「こういう時こそ、我々、音楽家、芸術家の出番なんだよ。
くじけそうな人々の心をいやす、そんな役に立つべき時なんだよ。
だから、いつも通り、心を込めて全身全霊で演奏するんだ。
今こそ、ギターを手に取る時なんだよ!」
と教えていただきました。
2011年、東北大震災後も大変に暖かい言葉を頂きました。
私はぺぺロメロさんから、人生に重要な事すべてを教わっていると思っています。
そして、今一度自分に言っています。
「苦難にあった時こそ、ギターを手に取る時なんだ。今こそギターが世の中の役に立つ時なんだ」
と。
なので皆様も、こんな時だからこそ、心身の健康に、ギターを弾きましょう!
「上手く弾けたなぁ」「ここがいつも上手く出来ないなぁ」「どうしてもここが弾けないなぁ」
なんでもいいんです。
ギターに取り組むその様が、その笑顔が、周り人達に波及し、皆の気持ちがほっとする。
それだけでも、あなたがギタリストとして社会に貢献したことになるのですから。
だから今こそ、一層真摯にギターに向き合ってください。
それは皆様の大切な人たちに向き合うのと、同じことなのですから。
どうぞ今年も、よろしくお願いいたします
ペペ田代拝